天然成分のビタミンCが配合されたサプリメント

天然成分から抽出されたビタミンCか、合成されたビタミンCかで、サプリメントの価格が異なります。天然成分と合成成分のどちらが体に良いかと聞かれると、ほとんどの人が天然成分のサプリメントと答えることでしょう。ビタミンCのサプリメントの場合、他のサプリメントと違って、天然成分のほうがいいということはありません。ビタミンCは、合成ビタミンCでも、天然ビタミンCと同様の効果があると考えて使うことができるといいます。合成のビタミンCは、天然のビタミンCとほぼ一致したものを製造することができるため、違いがないというのがその理由です。ビタミンC以外の栄養素の場合、天然の成分は複雑につくりになっているため、合成によってつくっても天然成分と同じものを作り出すことができません。合成によって同じものをつくろうとしても、天然成分に似せることができないという場合は、天然成分のほうが効果が高いままです。ビタミンCの場合はどちらも構造がほとんど同じである為、摂取することで得られる効果も両者には差がないと言われています。サプリメントの原材料として、動物や植物を用いているという時は、アレルギーの原因物質が入っていたり、農薬が混入している可能性を否定できないというデメリットがあります。また、天然成分から製造されるサプリメントは、コストが高くなることがあります。原材料の購入金額がサプリメントの金額に上乗せされるためです。大量生産ができる合成成分は、単価を安くすることができるので、継続的にサプリメントを使いたい時には便利です。もしも、サプリメントでビタミンCを摂取するという時には、合成のビタミンCか、天然のビタミンCか、どちらがいいかを考える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です